HOME>注目記事>自転車を利用するなら自転車保険に加入しておこう!

安心して運転するための保険

自転車というのは小さい子どもでも乗ることができるものです。また、学生や社会人の場合は自転車で通勤や通学することもあるでしょう。運転に慣れていない小さい子どもがいる家庭や頻繁に自転車を利用するという場合、万一に備えて自転車保険には加入しておくべきだと言えます。

自転車保険に関するQ&A

自転車保険の対象者は加入者だけですか?

加入する保険のプランによって異なりますが、家族で入ることができる自転車保険もあるので家族で自転車を使うという人は家族向けの自転車保険に加入すると良いでしょう。

どこで加入できますか?

保険の手続き対応をしている店舗やインターネット、直接電話などで申し込みをすることができます。

自転車が盗難にあった際も補償してもらえますか?

補償内容は加入する保険によって違ってくるため一概には言えません。しかし、盗難に遭った際に補償してくれる保険もあります。

自転車保険に加入した方が良い理由

男性

今や多くの人が利用している自転車。移動手段として便利である反面、大変危険なものとなっています。もし自転車を運転していて相手に怪我を負わせてしまった場合、治療費などを自己負担で支払わなければなりません。怪我が大きければ大きいほど支払う費用は大きくなりますし、最悪の場合は自転車事故で亡くなってしまうこともあります。その場合、数千万円~億単位近くのお金を支払わなければなくなってしまうでしょう。一般の方は到底支払うことができない金額になってしまいますが、自転車保険に加入していれば自己負担額を軽減することができます。そのため、自転車を利用するという方は加入しておくことが大切です。

子どもが自転車を運転する家庭は要注意

女性

どんなに気を付けて安全運転を心掛けていても事故というのは起こってしまうものです。特に歩行者と自転車での事故であった場合、過失割合は自転車側の方が大きくなります。歩行者が信号を無視して渡り、そこで自転車と衝突してしまった場合は歩行者側の過失割合が大きくなることもありますが、それでも自転車側の過失がないわけではありません。もし子どもが自転車に乗っていて事故を起こしてしまった場合、保護者の責任になってしまいます。自転車事故の年齢層割合的に高校生が多いという結果が出ているため、子どもがいる家庭は自転車保険が必須だと言えるでしょう。

広告募集中